ブログパーツUL5

音声認識/音声合成モジュールで録音/再生

 ID-01の音声認識/音声合成モジュールで録音して再生することに成功しました。推測ですが、端子3の信号(IRQ1)のタイミングで2つ目のコマンドを認識しているようです。そのため、この信号でLEDを点灯させる必要があります。

 自作マイクでテストしていましたが、認識率を上げるのにはマイクのインピーダンスがマッチしていないと駄目なようなので、結局、MyRobotのパーツ販売で純正部品を購入しました。マイク本体はROBOZAKのものと同サイズですが、外装のゴムが若干違うようです。音声認識の認識率を上げるには絶対的に周囲は静かでなければいけません。マイクを変えたことで、認識できる距離は1m程度離れていてもしっかりと認識してくれます(テストは休日の早朝、テレビは音を消して)。

 LEDの点灯を見ながら、初めて録音、再生、消去のコマンドを認識して実行することが出来ました。でも、スピーカーが小さいこともありますが、1mも離れていると録音した音はボソボソという音になりますので、録音の時は50cmぐらいに近づくとうまくいきます。

 詳細な仕様はネットで調べてもありませんでした。しかし、RZ-1の動作とリンクしないで、音声合成だけならば、電源とスタートのボタンさえれば、問題なく動作することが分かりました。通信ポートにはROBOZAKの音声認識モジュールからの信号を接続したままにして、このモジュールは単独動作させることにします。問題は、無線受信機とこのモジュールが搭載できるかとなった。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>