ブログパーツUL5

RZ-1のメモリ容量を増設(3)

 メモリ増設が設置場所に悩んで探していた所、いいところを見つけました。それは脇の下です。写真のように押え板を急いで加工して固定し見ました。これならボディカバーを加工することもなく、すぐに元通りに戻せますし、配線を通すスペースも十分に残っています。

 モーションでも問題なさそうなので反対側の格納場所は、今後の搭載時に検討しようと思います。

 正面から見ても目立ちませんし、RZ-1は腕が太いので手を上げない限り横からも見えません。さらに、切替えスイッチを簡単に切替れるし、EEPROMの差し替えもすぐにできます。

 問題は衝撃でICが抜けないかですが、暫くは様子を見ることにします。抜けるようであればカバーをつけるつもりです。

【追記】
 増設のI2Cのアドレスに空があるので、2個のEEPROMを基板にもう1個を直付けにして固定してしまい、奥に押し込みます。そこで、空いているアドレスに追加するEEPROM用にすればピンヘッドを4ピン出しておけばいいことになります。そうすれば、外見的にはDIP-SW(2chの小さいもの)だけにすることも可能です。

 意外とモーションを切替えられるのは便利ですよ。お試しあれ。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>