ブログパーツUL5

PIC用の超小形のライター製作

 液晶表示がトリガーとなって、いろいろと情報を集めていましたら、PICのマイコン用に、超安価で小形のRCDライターを製作できる情報を見つけました。

 写真のように余りものの部品と不足の部品をちょっと買い足して、超小形のライターを製作しました。このライタはRS232Cに直結して、PICマイコンに書き込みできるもので、ICピンは18ピンにしました。組立てた回路図は、RCDkiteの回路図のバージョン2.5です。回路は同じですが、ユニバーサル基板で部品配置は全く違います。

http://feng3.cool.ne.jp/rcd/#v25sch

なお、このライタは小型化と安価を優先していますから、使用条件が厳しいので必ず使用説明書を読む必要があります(ノートPCでは利用できません)。また、680円でキットも販売されているようです。

【追伸】
 PICProg4U(FENG3 作のフリーソフト)を利用したら、問題なくRCDライタとして認識してくれて、無事にPIC16F628Aのマイコンに書込みができました。なお、照合も問題なく正常動作でした。


0

    コメント
    基盤の裏を見せていただけませんか。お願いします。
    • bokuself
    • 2009/04/18 11:53 PM
    bokuselfさん、今晩は。

    基板はユニバーサル基板の残り物の切れ端を利用したので、裏は配線だらけでとてもお見せできる代物ではありません。
    参考にならないと思います。

    13Vのツェナーの置き場所がなく、20ピンのPICではリードがぶつかるんで使用できない形になっています。18ピン専用と割り切りました。


    最近、作り直したので、そちらを参照ください。
    http://robozak.takuo.main.jp/?day=20090321
    • takuo
    • 2009/04/19 1:17 AM
    参考にさせていただきます。ありがとうございました。今後とも素晴らしい実験・開発をよろしくお願いします。
    • bokuself
    • 2009/04/19 12:42 PM
    bokuselfさん、有難う御座います。

    これからも色々チャレンジしていきたいと思います。
    • takuo
    • 2009/04/19 5:30 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>