ブログパーツUL5

新しい音声合成LSI

 秋月電子から音声合成LSIのATP3011F4-PUが発売された。このLSIはテキストを音声に変換出力する音声合成LSIのようである。

 このLSIはATMega328Pピンコンパチブルの音声合成エンジンを搭載したLSIで、ホストからシリアル通信を介してテキストデータを送ることによって、任意の音声(女声1種のみ)を発声させることができる。また、内部の不揮発メモリ(EEPROM)にデータを保存して、ホスト無しでフレーズを発声させることもできる。電源電圧は3〜5Vなので使いやすいと思います。

 詳細な技術資料は秋月電子からダウンロードできる。また、音声合成LSIのメーカーサイトに、LSIからの発声音が聞けます。ROBOZAKやRZ-1の音声としてはあまりフィットしませんが、発声音の自由度はかなり広がりが出ます。

 同じように自由度のある音声認識LSIがあるといろいろなことが出来るのですが、ROBOZAKの音声認識モジュールでは認識する言葉が固定されているので広がりがない。やはり、ロボットには音声認識と音声合成がペアで動作しないと搭載できない。いづれ、機会があったら試したみたいLSIである。


0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>