ブログパーツUL5

超音波レーダーの試作(4)

 試作して超音波レーダーでサーボ駆動信号がおかしかった原因がやっとわかりました。ICソケットが不良だったのと自作したプローブがおかしかったことがわかり、ともに修理してやっと正常な波形になりました。オリジナルのプログラムソーズをサーボ仕様に合せ込みをして、パルス周期を20mSに、パルス幅を0.9mS〜2.1mSの範囲で可変させてみました。
パルス間隔
 オリジナルのプログラムの
599行 sp_wk=1600 を sp_wk=1570 に変更して、他のsp_wk記述は削除して、統一しました。
 
結果 20mSに合せ込みできました。


パルス幅1
パルス幅の調整は最小と最大を見ながら合せ込みしました。
747行、817行などのパルス幅の計算式を変更しました。

結果、最小パルス幅は0.914mSになりました。


パルス幅2
少しマージンを持たせています。

結果、最大パルス幅は2.086mSになりました。


 これで超音波レーダーの試作は終了とします。

【謝辞】
 最後に、サポートして頂いた石神様に感謝致します。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>