ブログパーツUL5

RZ-1(ROBOZAK)ジュニア(3)

 腕のサーボをどうすか検討している間に、RZ-1ジュニアに搭載したサーボの動作確認のテストを行いました。特に問題も無く次のステップに進みます。
ジュニアにMR-C3024を搭載
 予備としてテストなどに使用していたマイコンボードMR-C3024をRZ-1ジュニアに取り付けて、基本動作のテストの準備をしました。

 なお、肩のサーボはRS306MDなので、取り付け角度を変更して70で真下になるように設定しました。稼動範囲が広いので、真後の-90°から真上の+190°になるようにしました。これでサーボ数の少なさをカバーする。


 サーボの数が少ないのですぐに接続が完了します。さらに、ROBOZAK純正品のLEDとIR受光モジュールを頭部に搭載しました。LEDの搭載には、RZ-1と構造が違うロボゼロの頭部に追加加工してLEDの光が上下に漏れないように囲い、前面にスモークのプラスチックを設置して直接LEDが見えないようにしました。

RZ-1ジュニア
 腕はまだですが、簡単なモーションプログラムを作って、早速、動作確認してみました。LEDの点灯、赤外線リモコン、サーボ方向、ゼロポイント調整などを無事にクリアして、偉そうにしているRZ-1ジュニアが誕生しました。


 複雑な動作はできませんが、何か愛嬌のある動作になるから不思議です。写真は奴ポーズですが、これを発展させて早くも方向転換ができるようになったRZ-1ジュニアです。
奴ポーズ?
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>