ブログパーツUL5

RS306MDのギアを補修

 VS-C1(PS2ワイヤレスコントローラ互換)対応のモーションプログラムの作成中に、股関節のRS306MDの稼動範囲を間違えて、ギアが欠けてしまいました。以前にもRS306MDのギアが欠けていましたので、まとめて3個補修することにしました。金属ギアにはしたいのですが、金属ギアは高価なのでプラスチックギアにしました。
購入したギアとグリス
 プラスチックギアは補修用に3つと予備用に1つの計4個、ギア用グリスを1つ購入しました。発注時にプラスチックギアの在庫がなかったのですが、意外とすぐに入手できました。

 モーション作成で大きな負荷がかかると、RS306MDはすぐにギアが欠けるので注意が必要である。

改良部品 RS306MDのギアを交換するため股関節の部分を分解したついでに、弱そうな箇所の部品を強化してみました。回転させる箇所で、隙間にちょうどよい厚さの廃棄するプラスチックがあったので、リサイクルして切り出しました。サーボホーンを逃げるように大きな穴を開けて、股関節部分のU字型ブラケットに貼り付けました。プラスチックの形状はリサイクルのためこのような形になっただけで、一部欠けている形状に意味はありません。

 組み上げてみたところ、気持ち遊びが無くなりしっかりとしたようです。テフロン製ではありませんが、スベリはいい感触で、動作的にもスムーズです。
改良部分
0

    コメント
    こんにちはtakuo1、robozakと本当に良いヒントやカスタマイズ!賛辞。
    ostrogoto0101さん、有難う御座います。
    これからのブログ更新の励みになります。
    • takuo
    • 2011/07/09 3:53 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>