ブログパーツUL5

PS2ワイヤレスコントローラ対応の試作(6)

試作基板と搭載基板 アナログモードのバグの修正もできたので、RZ-1本体の搭載用基板を製作しました。コントローラ系の回路が接触不良を起こすと思わぬトラブルになりますので、コネクタはしっかりしたものにしました。シフト回路も追加したことも加わり、試作回路基板より一回り大きくなりました。

 写真の左側が搭載基板と右側が試作基板

搭載基板とケーブル PS2コネクタとのケーブルとMR-C3024とのケーブルを新規に作成したものを使う予定です。

 写真の左側がPS2コネクタとのケーブル、中央が搭載基板、右側がMR-C3024とのケーブル


 VS-C1(PSワイヤレスコントローラ)とMR-C3024のインターフェイス回路に使用した16F688のHEXファイルをダウンロードできるようにしておきます。シフト回路で論理反転しなければ、PICライターで書込んでそのまま利用できます。

 PS2_2.HEX

 製作した搭載用のインターフェイス基板はバックカバーの中に余裕で格納できますが、VS-C1の受信モジュールはどうしてもバックパネルの外に取り付けるしかない。他にもいろいろな搭載の可能性を検討しており、どのようにしてRZ-1の本体に搭載するかが難しい。
 フロントのLCDを諦めればすぐ解決するのですが、ここまで来るとなかなかLCDは便利ではずせない。フロントカバーを交換して搭載することも案として検討しています。また、VS-C1の受信モジュールのカバーを取ることも案としてありますが、これもVS-C1の流用を考えると余りやりたくない。思案中で悩んでいます。
0

    コメント
    こんにちは、なんだかtakuoさんがやってられるのに刺激されてVS-C1買ってしまいました。あれこれ買うだけ買って全然手を付けないパターンが良くあるのですが、これも実際にやってみるのがいつのことになるかわかりませんが、その時はこのブログのシリーズ読まさせて頂きます。
    • micono
    • 2011/06/25 7:54 PM
     おはようございます。私のブログにつられてVS-C1を買いましたか、申し訳ないような気がします。そのうちPS2ワイヤレスコントローラが買えなくなる時期が来るのではとちょっと心配になり、今回購入しました。
     miconoさんは実力があるからPS2コードの変換だけなので、いつでも簡単に動かすことができるのではないでしょうか。多分、ロボゼロにも接続できると思いますが、受信モジュールの格納が難しいかもしれません。
    • takuo
    • 2011/06/26 9:21 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>