ブログパーツUL5

PS2ワイヤレスコントローラ対応の試作(5)

不要なコネクタを切断  RZ-1本体にどのように搭載するかの検討に入ります。試作ではインターフェイス回路基板とPS2コネクタを直結しましたが、どうも使いにくそうなので分離する方が良さそうなでケーブルを自作しました。コネクタ部分には不要になっていたコネクタ部分をカッターナイフで端から15mmのところで切断しました。内部のストッパーが外れて、きれいに取れ、樹脂も意外と軟くカッターナイフで何回も筋を入れると切れます。

配線したケーブル しかし、ケーブルは流用しようとしましたが、圧着用なので半田付けには耐えられずすぐに断線するので、諦めて手持ちの半田耐熱の配線で作りました。基板側は新規に2.54mmピッチのコネクタにして、圧着ピンで処理して作ります。VS-C1接続用コネクタの両脇のプラスチックを少し削って、先ほど切ったコネクタカバーの中に入るようにして接続部の保護用に被せます。以外とフィットして小型で見栄えもいいものに出来上がりました。


 VS-C1(PS2コントローラ互換)のコネクタのピン配置
VS-C1(PS2コネクタ)

Pin 1 = DAT(オープンコレクタ)
Pin 2 = CMD
Pin 3 = −−
Pin 4 = GND
Pin 5 = +3.6V(+3.3V)
Pin 6 = SEL
Pin 7 = CLK
Pin 8 = −−
Pin 9 = ACK(オープンコレクタ)
但し、インターフェイス側はPICマイコンとの配線がやり易いように入れ替えています。

 搭載用の本番の回路基板には3.3V/5Vのシフト回路を追加するのと、取り外しできても接続部は外れると困るのでコネクタにするため、一回り大きな基板になります。これでサイズが決まったので、RZ-1の格納場所を探すことになります。これが難関のようです。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>