ブログパーツUL5

週刊ロボゼロの発売予告

 デアゴスティーニからROBOZAKに続いて、第2弾の2足歩行ロボットシリーズとして週刊ロボゼロが2011年2月8日に発売という情報がありました。ROBOZAKからかなり進化しているようで、双葉電子工業(株)製の専用コマンド方式サーボ「RS306MD」(新型?)を24個も採用しており、しかも軽量なので素早い行動ができるようです。

 そのため、サーカー競技に参加したい方はROBOZAKやROBONOVAよりも圧倒的にこちらの方が敏捷で強いでしょうからお勧めですね。歩く、走る、蹴る、投げる、登るなど身軽であり、ハンドもあるのでボール投げや文字まで書けるようです。なお、格闘技には強いのかと思いましたが、軽量のため向いていないかもしれません。

 このシリーズは70号で完結するようなので、予想金額は790+1,990*68+4,990(コントロールボード)=141,100円となりますから、決して安くはありませんから覚悟を決めてから取り組む必要があります。

【YouTubeよりリンク】


 電源電圧が同じなのでROBOZAKにいい所取りできないか検討して、microSDカードが使えるコントロールボードやサーボコントロールを確認してからハンドの分だけでも購入してみようか思っています。特に、上半身の軽量化とハンドの小型化か腕のスリム化は週刊ロボゼロを参考に作り直すことを考えています。なお、このサーボだけの購入もありかも(自動切換えのコマンド方式/PWM方式兼用サーボがうまくROBOZAKで利用できるかどうか)。

 話のついでに、私のRZ-1のヘッド部は先取りしてロボゼロ風に製作済であり、すでにハンドと頭部は金色に塗装仕上げもしました。タップネジ2本で首部の交換ができるようにしました。しかし、LEDと受光モジュールの配線の変更が必要です。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>