ブログパーツUL5

RZ-1の頭部の試作完了

RZ-1(薄型+厚型) 前回に続いて首部をどのようにするか検討して、薄型スプラインホーンに厚型スプラインホーンを重ねた部品を新たに製作してみました。

 首に注目!

RZ-1(薄型のみ) しかし、ロボットの首が少しでも長くなると違和感が生じるようです。やはり、ロボットの首はほとんどないくらいにするのが力強さを印象付けるのではないかと思います。結局、元に戻すことにして従来からの薄型スプラインホーンだけにすることにしました。

 動作確認していますので、頭部の側面をネジ止めするなど強固にして、これでRZ-1の頭部の製作を完了させます。製作してから気づいた難点ですが、RZ-1の身長が伸びてしまうので、RZ-1体型のクッション材のままではBOXに入らなくなりますので、頭部の交換はそのことを考えてからの方がいいかもしれません。一応、ネジ止めなのでいつでも交換取外しできますから。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>