ブログパーツUL5

久しぶりにRZ-1のプチ改造

 以前から気になっていたのがRZ-1の体型バランスです。どうみても頭が体のわりに小さいように思います。1回は試作してみてどのように感じがかわるか試してみることにしました。

 板厚を考えず、まず展開図らしき型紙を作り、紙でそのまま試作してみました。一ヶ所は寸法ミスで寸足らずでした。これを基に折り曲げ角度や寸法を微調して、再度、型紙を作成した。
試作

展開図の型紙 要らなくなったノートの紙に板厚を考えず作成した型紙をアルミ板にセロテープで貼り、外形を切り出したのが左側の写真です。アルミ板はある程度の強度を考えて0.8mm厚にしました。まず、4隅を大きく切り落とします。

切り出し カッターナイフでケガキ線を入れて、切り出した所です。0.8mm厚でも2枚の木片で挟んで、ゆっくり折り曲げて何度も繰り返すと金ノコを使わなくても切れるので長い直線の部分はそのようにして切り出しました。また、鋭角な切込みはヤスリが入らないので、カッターナイフで仕上げています。かなりきれいに切り出せました。

前面マスク 余っていた0.5mm厚のアルミ版の端切れで前面マスクを試作してみました。交換や作り直すことが出来るように額にネジ留め出来るようにしました。

 切り出して折り曲げが出来るか不安でしたが、一応、なんとか形になりました。しかし、これからどうする。失敗することも考えていたので、曲げることを優先したため、中に収める事や他の穴あけ作業を無視したため、うまくいったのはいいのですが別の悩みが発生してしまった。

半完成
半完成ですが、どうです格好よくないですか?

 もう1つのバランスの悪いのはハンドですが、サーボモーターの関係でハンドの大きさに制限がある。そこで、小型化と軽量化のためにはサーボモーターから変更する必要があり、いずれ検討することにしよう。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>