ブログパーツUL5

PS2タイプの学習リモコン

 PS2コントローラを改造して学習リモコンを組み込む作業も最終段階に入り、最大の難関であった電池の格納方法と受光モジュールの設置方法もなんとか解決して回路を組み始めました。しかし、部品があちこちにぶつかり試行錯誤しながら配置しています。

(1)電池格納
 RZ-1のハンドを製作したときのアクリル板があったので切り出して、折り曲げは半田コテの熱で曲げました。あまりきれいに出来ませんでしたが、壊れた時にもう少し丁寧に製作することにして一応これでよしとしました。

(2)メイン基板
 ICソケットが載せられないので、受光モジュール(写真の左下)を搭載して学習できるようにしました。従って、出来上がったらモーションプログラムとは別にリモコン側の配置を自由に変更できることになります。
 ジョイスティックは取り外して新しい基板に搭載しなおしました。今回はジョイスティックそのものは使いませんが、いずれ組み込みたい。但し、プッシュSWは使いので載せ変えました。半田がなくなってしまい、お天気が雨続きで買いにもいけず、まだ回路は完成していません。残りは配線ですから、くもの巣になりそうなので結束する予定です。

 加速度センサーは部品の高さが高く基板には乗りませんでした。一工夫がひつよなようです。グリップには載せられそうですが、水平に搭載できません。画面右側に追加回路がいれらるように空けておきました。

(3)外観
 操作性を優先させたので妥協した点があります。1つは、電池ボックスを前に載せたので重心が前になってしましたこと。も1つは、学習リモコンに学習させる時に電池ボックスを外して、その後ろ側にある受光モジュールの開口部が見えるようにしてから学習させることになる。間違って学習させないというプロテクト的な意味になったかも。

 学習リモコン用のページLEDと動作LEDの窓を4つ開けました。消費電力削減でスタンバイ状態になると4つのLEDは消灯する。電池ボックスにON/OFFスイッチがあるので、PS2コントローラにあったLEDは電源LEDとして電流制限抵抗を1KΩと大きくして流用することにしました。

●固定キー3つを決定
 SELECT → ページ切替(学習リモコン)
 START → 電源キー(RZ-1用リモコン電源)
 ANALOG → 記録キー(学習リモコンの記録)
●学習キー
 学習で記録できるキーは、12キー×4ページ=48
 ページ数は、4ページ(デフォルト3ページ+カスタム1ページ)
 →デフォルトでRZ-1用リモコン全てを網羅して、カスタムで操作しやすいように集めたものを設定できるようにした。
 
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>