ブログパーツUL5

リモコン用赤外LEDについて検討

 リモコン用の赤外線LEDとして強化しておきたいので、購入可能なLEDを探した所、現在はTLN115A(PDF)が良さそうです。定格ではVF=1.35VでIF=100mAですが、最大定格のパルス順電流=1Aであるから瞬間的なパルス駆動なので5%程度(50mA)と見ておけばよいでしょう。
 大雑把には次のように計算して見ました。
  100mA/5%=2A
  (3Vー1.4V)/2A=0.8Ω → 1Ω
ということで、市販のリモコンやROBOZAK用のリモコンでも3V電源では1Ωのチップ抵抗が付いていたので、妥当なのかもしれません。上のカタログのグラフを詳細にみてわかるように、38Khz搬送波からパルス幅は26.3uSで、一番長いスタートビットでも5mSなので、許容パルス順電流は1Aまで流せるようです。従って、マージンを見ても1Ωで良さそうで暫く操作してみましたが熱くなることもなく1Ωで問題なさそうである。

 赤外線LEDは安いので多目に購入して、実験してみました。赤外線LED1個での実験では2Ωでは1〜2m程度でしか正しく送信されないようです。そこで、PS2コントローラに組み込む時には、送信距離を伸ばすために電流制限抵抗は1Ωにして複数(2〜4個)駆動して送信強化する(光線が見えないので直視しないように注意!)。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>