ブログパーツUL5

I2Cアナライザの動作確認

 20MHzのセラロックを購入してきたので、I2Cアナライザのもう1つの動作確認をするためにチェックしてみました。データ転送は9600bpsに設定して、RS232Cのアダプタ経由でPCのハイパーターミナルとの通信で確認できました。

 そこで今度は、RZ-1のメンテナンス用に大型液晶(20行×4行)の表示器を以前に製作してあったので表示しようとしましたが、電源が3.3Vにしたために液晶表示器の輝度調整を変更しなければならなくなり、こちらの回路の電源を5Vに変更しました。5VはUSBから供給するようにしました。
 これで一応動作していることが確認できましたので、I2Cアナライザは終了とします。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>